金本博明【自律神経失調症・パニック障害改善プログラム】の根拠はこれだ!

金本博明のプログラムは、「薬を使わない」「通院もいらない
DVDの内容を1日30分間、30日間続けるだけで95%の方が改善を実感された
自律神経失調症やパニック障害に対する治療の革命ともいえるプログラムです。
今までに、延べ10,000人以上の方が自律神経失調症やパニック障害を改善され
1日行うだけでも、即効で効果が感じられるということで今業界内でも異例の注目を集めています。

金本博明さん自身は、大阪の「かねもと鍼灸整骨院」で院長をされており、いわゆる身体のプロですが
なぜドクターでも無い彼が、自律神経失調症やパニック障害といった、一見すると整骨院とは全く関係のない症状のスペシャリストであり続けるのか?
金本博明 自律神経失調症

金本博明を信頼して良い2つの重大な根拠

1.自身が7年間、自律神経失調症で苦しんだ経験を持っている

教科書で学んだ知識だけで自律神経失調症やパニック障害の症状と治療法を語っているわけではなく、
実際に自分が極限まで苦しみぬいた経験があるからこそ、同じ症状で悩む方に本当の意味で親身に
寄り添うことができているのです。
すでに金本博明自身の身体を実験体にし、7年もの間様々な治療法を試してきた結果を凝縮させたプログラムですから、正直言って私たちは他の治療法を試してみる必要がないですね。


2.数々の雑誌やメディアで取り上げられている


整骨院の一院長である人間が、雑誌などに取り上げられるというのがそもそも異例です。
本来整骨院で扱えないと思われてきた、自律神経失調症やパニック障害の改善実績から
「はつらつ元気」「からだにいいこと」「女性セブン」「全国優良整骨院接骨院完全ガイド」
などの雑誌に何度も取り上げられています。
本物のプログラムだからこそ、長く結果を出し続けている。と言えますね。



取り組むのにリスクを負う必要が全くない【全額返金保証】


金本博明氏自身が、何十万円もの金額と途方もない時間をかけてたどり着いた治療法を
私たちはすでに効果があるとわかっていることを最初から実践することができ、
30日間で効果が出なければ全額返金」という保証もついているので
金本博明の「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」の存在に行き着いているのなら
もう他の治療法を検索する必要はないと言えるでしょう!




≫≫自律神経失調症・パニック障害改善プログラムを見てみる≪≪

金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善プログラムはこんな人がやるべき!!

1.薬にばかり頼りたくない


この「金本博明の自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」は
自分の身体を根本的に良くしていくためのプログラムです。

睡眠薬や精神安定剤を一生飲み続ける生活をしていても、
そもそもどうして良くならないのか?
という部分は解決されません。

精神科医の中には、製薬会社とつながり「利益主義」で
5分ほどの診療でバンバン薬の処方を追加していく医師も、残念ながら存在します。
そんなものにひっかかってムダなお金と時間を使ってほしくないのです。

金本博明 自律神経失調症

2.即効で効果を感じたい


薬も使わないのに即効性!?と思うかもしれませんが実際にほとんどの方が
1回行っただけ、あるいは数日で身体の変化を実感している事実があります。
「30日以内に改善されなければ全額返金」というのもその裏付けからきています。
効果が無いものに今更手を出さないでください!


3.治った後も再発させたくない


ただ改善させるだけでなく、早く改善させ、「再発させない」
というのがこのプログラムのテーマです。

身体そのものを改善していくためのDVDとテキストの他に
美骨枕」という枕がセットになっています。
金本博明は自身の身体を実験体にして、
自律神経の不調は「」に原因がある
という真実を突き止めました。

その後の試行錯誤で行き着いた、症状改善への答えは
自然治癒力を最大限引き出すこと」です。

身体はそもそも睡眠をとることによって回復していきますから、
「睡眠の質をいかに良くするか?」
これを大きく手助けしてくれます。

良くなったのに再発の恐怖と闘うのでは、
本当に自律神経失調症やパニック障害から解放されたとは言えませんからね。


4.すでにいろんな治療を試して、半ばあきらめかけている


金本博明自身もそうですが、あなたと同じように、
自律神経失調症やパニック障害で悩む方々は
本当に様々な病院に行ってみたり、治療法を試してみたりと、
藁をもすがる思いでもがいている方々がたくさんいらっしゃいます。

何年も闘っていれば、あきらめかけてしまうのも仕方ありません。
しかし、この「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」にまで行き着いているのなら
もうあきらめることはありません。

すでに改善の実績は証明済みですし、
今まで行ってきたことがウソのように手軽でシンプルな方法です。
これに出会うことができたのなら、
「あなたの未来は明るい!」
そう断言します!


≫プログラム体験者の声を見てみる≪


自律神経の不調の原因は「首」にあり!

金本博明は、自身が自律神経失調症やパニック障害で苦しんだ経験から様々な治療法を自分に施し仮説や検証を繰り返し、この革命的なプログラムを考案して、1万人以上の方を救ってきましたが
そんなことができたのは、自律神経の不調の真の原因を突き止めたからなのです。

首が悪いと自律神経のバランスは崩れる

精神的なストレスや日常での姿勢、交通事故など外傷によるもの、
身体のゆがみ、目の疲れなど
日常生活の様々な誘因によって「首」に負担をかけ、
筋肉の緊張状態が継続されると
交感神経が刺激され、副交感神経の働きが悪くなります。
その結果自律神経のバランスが崩れ、
脳内に流入する血流が悪くなり、それが神経伝達物質に影響し、
自律神経失調症やパニック障害、うつ、不眠症などの症状を引き起こすことがわかっています。

ということは

ストレスは誘因の一つにすぎず、
根本的な原因は「首」への負担
だったのです!

金本博明 自律神経失調症

いくら薬を飲んだり、カウンセリングをしても症状がなかなか改善されないのは
根本的な原因へのアプローチがされていなかったからなのです。

「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」の中では
誰でもできるとてもシンプルな内容を真似することで、首への負担が圧倒的に軽減されます。
根本的な原因そのものが良くなれば、当然症状も良くなりますし
なによりの再発の防止ですから、
難しいことは考えずに楽な気持ちで取り組みましょう。
なにしろ、このプログラムの存在を知った時点で
あなたの未来は明るい!


≫≫自律神経失調症・パニック障害改善プログラム≪≪

金本メソッドを漢方・薬・サプリとくらべてみて

薬物療法はもちろんですが、病院での治療だけでなく自律神経失調症に対する漢方やサプリメントも存在しています。

薬物療法

自律神経のバランスを直接的に整えるような薬ではなく、それによって出た症状にたいして薬が処方されます。抗不安薬や睡眠薬、抗うつ剤などです。

確かにこれから克服していこうというときに眠れないし不安がとれないではなかなか回復しないものですが、薬物投与だけしていても解決にはなりません。一生薬を飲み続けてもいいなら別ですが、その前に胃や肝臓がおそらく先に悲鳴をあげるでしょう。

特に肝臓に負担をかけ続けるということは、身体の回復という方にエネルギーが向かなくなるので、できることなら薬を飲まないような身体にできるのがべストですね。

金本博明


漢方

これも神経に働きかけるというよりは、その人の体質や症状に合わせて効果のあるとされる漢方が処方されます。その種類も多く、自分で合ったものを選び出すのは至難かもしれません。病院か、漢方薬局で症状を相談して処方してもらう形になるでしょう。

ケミカルではないので薬ほどのリスクはありませんし、わりと気軽に飲むことはできると思います。あとは費用などお財布と相談ですかね。漢方によって完全に克服するというよりは、プラスαとして取り入れるのはアリだと思います。


サプリメント

ストレスや精神安定に良いとされるサプリメントも販売されいます。ハーブや紅茶のチカラなどを引用するような形です。やはりこれだけで自律神経失調症そのものを克服することは難しいかもしれません。

金本博明 自律神経


どれも最終的には自己責任で取り入れるのはアリですが、これだけに頼って根本的な解決になるわけでは決してありません。

出ている症状に対してだけケアをしていては、そもそもどうしてうつ病になったのか?どうして自律神経のバランスが崩れるようになったのか?なぜ身体の回復力が落ちているのか?

という「そもそも」の部分をしっかり解決するために、身体や背骨のケアをしていく必要がありますね。

自律神経失調症・パニック障害改善プログラムの効果は?口コミは?

金本博明先生の自律神経失調症・パニック障害改善プログラムが効果を出せる根拠をご紹介してきましたが、実際の実践者の声や実際の効果はどれほどなのでしょうか?

自律神経失調症・パニック障害改善プログラムの実践者の皆さんも、すでにご自身で病院に通われたり、中には整骨院や鍼灸治療に通われたり、さまざまな治療方法を試してきている方々です。

そのような方々でも自律神経失調症・パニック障害改善改善プログラムを行うことでうつ病を克服できたり、効果を本当に実感できているのか調べました。


金本博明先生のプログラム実践者の声

金本博明 自律神経失調症 パニック障害

今まで普通に仕事ができないくらいの症状だったということがわかります。首や肩が楽になることで自律神経のバランスも整ってきたのでしょう。

金本博明 自律神経失調症 パニック障害

やはり夜にちゃんと眠れるというのは、身体が回復していく上で大きいことです。症状の改善にはまず睡眠状態を改善することがカギですからね。

金本博明 自律神経失調症 パニック障害

金本博明先生のプログラムを行ったことで、また自分に自信を取り戻すなんてすばらしいですね!今現在症状に悩まされている方には夢のようかもしれませんが、改善されている事実がありますから大丈夫です!

金本博明 自律神経失調症 パニック障害

薬が手放せるようになった。これもとても大きいことです。一生薬を飲み続けなくても自律神経失調症やパニック障害は改善できるという勇気がもてます。

金本博明 自律神経失調症 パニック障害

DVDの内容が簡単なので、マネしているだけですから、知らない間に良くなったというのもうなずけます。

金本博明 自律神経失調症 パニック障害

金本博明 自律神経失調症 パニック障害

金本博明先生のメールサポートが心強かったという声も多数ありました。やはりこういったプログラムを実践するときには、専門家のサポートが受けられる体制であると効果も高まりますね。


あくまでも自律神経失調症・パニック障害プログラムの一部の実践者の声です。根本的な原因をみきわめ、適切な方法をとれば克服できます!それを教えてくれるのがすでに自律神経失調症・パニック障害・うつ病を克服した方々の声です。

金本博明先生のサポートも万全ですので、ぜひ安心して、改善している自分にワクワクしながら取り組んでみてください。





癒し音楽≪≪

なぜマッサージじゃなく金本博明先生のプログラムじゃないとダメなのか?

金本博明先生の提唱している「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」の中身を、究極まで噛み砕いてわかりやすく説明すると

「首のコリをとればそういうの治るよ〜」

ということです。

でも、ただ首とか肩の筋肉のコリを取るだけだったら別にマッサージとか街中の整体でも十分対応できるんじゃないでしょうか?


文字だけでみるとそれでもいけそうな気がしますが、実際はそうじゃないんです。


首の周りに自律神経が這っているわけですから、何も知識の無い人がグイグイ力任せにマッサージしたり、僧帽筋や胸鎖乳突筋などあまり強度の無い筋肉を過度な力で圧迫し続けると、逆に筋緊張を招く結果になるのです。


簡単に言うと、「揉み返し」のような状態です。

金本博明 自律神経失調症 パニック障害

全ての人間には「反射」という機能が備わっているのをご存じでしょうか?

反射は言い換えると、ある一定の刺激を加えると決まった反応が得られる一連の機能のことを指します。教科書的に説明するとすごく難易度が上がって理解が難しいですが、具体例を示されれば簡単です。


例えば、角膜反射といって目の中に何か刺激があると必ず人は両目をつぶります。それから膝蓋腱反射といって、膝蓋骨下方あたりの膝蓋腱を打腱器で刺激すると勝手に大腿四頭筋が収縮して膝関節が伸展するといった反応のことを言います。


もっと日常的なことだと、暑いと汗が出ますよね?そういうのも反射の仕組みで行われています。暑いからといって自分で意識的に汗を放出しているわけではありませんよね?


揉み返しなどは一種の防御反射と解釈できます。


この「反射」と呼ばれる仕組みが金本博明先生の自律神経失調症・パニック障害改善プログラムとどう関わってくるかというと


要は、むやみに首をマッサージするとかえって首の筋肉を硬くして、結局自律神経失調症やパニック障害の症状を悪化させかねないということです。


もしそれで自律神経失調症やパニック障害を拭い去ることが出来ていたら、あなたもこんなに苦労を重ねていないはずです。


金本博明先生の自律神経失調症・パニック障害プログラムでは、いかにして防御的な治癒とは逆行的な反射を起こさずに、頚椎周辺の筋緊張であったり不良姿勢を改良していけるかというところが一つのポイントになります。


セットの中にも入っている「美骨枕」を使って紹介されているストレッチ方法やツボ押しを、プロが実際にお金をもらって施術の現場で行っている方法がそのまま自宅で再現できるのです。


金本博明自律神経失調症・パニック障害改善プログラムの本題に入る前には
「自分の状態を知る」という過程があります。


もう少し掘り下げると、首へのダメージ蓄積の本当の原因は何なのか?という部分を探っていくチャプターになります。


一言で頚椎の負担といっても、まだ細かく分類することができます。

・背骨のゆがみのせい
・姿勢が悪いせい(猫背・ストレートネック)
・顎のゆがみ
・精神的ストレス
・呼吸の仕方が悪い(呼吸筋の緊張)
・アレルギーのせい



まずはこれらの中から、自分はなぜ頚椎部、英語で表記すると(Cervical)に負担を溜める体質になってしまっているのか?ということを把握することからスタートします。



もちろん自律神経失調症・パニック障害改善プログラムの中で、それを確かめる方法が詳しく記載されています。

美骨枕を使ったストレッチ方法やツボ、爪揉み、下半身のストレッチなどを織り交ぜながら基本的なベーシックな流れで行い、その後に各タイプに応じて応用編のような形で深い個別プログラムに入っていくような流れです。

金本博明 自律神経失調症 パニック障害

姿勢や背骨のゆがみに関しては、胸筋・上腕筋・胸椎の動きの硬さによる猫背であったり、骨盤後傾による姿勢不良が関係しているので、実はプログラムの中でも出てくる下半身のストレッチも大切なのです。


顎のゆがみは、側頸部や側頭部に付着する咀嚼筋、胸鎖乳突筋の緊張や椎骨のゆがみによる顎関節の不調和を調整していうことが目的になります。


精神的ストレスは単にリラックスしましょうという話ではなく、金本博明先生自身の経験も踏まえたヨガ的なアプローチなども含めて原因を除去していきます。


呼吸の仕方は、少し繋がりが難解かもしれませんが、疲れたりストレスを感じたりしてくると「肩で呼吸をする」という状態に陥ります。息を吸うときに両肩をすくめるような形です。

本当は胸を広げて肋骨が引きあがるときに吸気がなされ、肋骨を引き下げることにより呼気ができます。

この呼吸筋が硬くなることによって肩で息をすることになり、僧帽筋などに緊張が生まれて首に負担をかけるというメカニズムになっています。


このように
1.まずは自分の状態を把握
2.ベースの改善方法を実践
3.自分のタイプに特化した内容を実践


というのが大まかな流れで、全身の血流をよくするための「ふくらはぎストレッチ」や自律神経を整えるのに有効な「爪揉み」など素人では到底考えもつかないようなアプローチを学びながら、今の自分に一番効果的な方法を選択して自律神経失調症・パニック障害改善プログラムをこなしていくことができます。


病院でとりあえず薬を飲んでいてもこのような個々の状態に合致した改善は望めません。薬のせいでうつ病を辞めたら症状が快方に向かいだしたという報告も何例もあります。


自律神経失調症・パニック障害プログラムのDVDの内容をそのままソックリやるだけなので本当に簡単ですし


とにかく安全に、そして早く効果を出して、なおかつ再び発症するリスクまでも取り去ってしまいたい方のために、金本博明先生自身のトラウマ体験も踏まえながら、本当に患者さんの立場を思って作りこまれているなと感じました。